片方だけ二重は、表情の左右のバランスが悪いため二重にする道具をつかって二重にします。しかし、もともとの二重とのまぶたの幅の差がしっかりとわかってしまうところが嫌なところです。だからといって一重のままでいいかといわれればそうではありません。なんとか二重に自力でしていることをばれないように朝試行錯誤を繰り消してまぶたがはれるなんてしょっちゅうです。また、日中過ごしていく中で、二重がなくなってしまうことだってありますし、海やプールでは顔をつけないように気をつけないといけないし、アイシャドーも上手に塗ることができません。このような欠点をなくすためにも、寝ている夜の間に線がつくようにするしかないと思っていました。

二重でパッチリした目にあこがれている人は多いと思います。パッチリとしていなくても、一重と奥二重では天と地ほどの差があります。それほどまぶたの線が大切だと思います。片方だけ一重だと左右で顔の表情が全然違います。人間には利き目があって人によって違いますが、相手の利き目のほうが自分の一重のほうだと、一重のほうを強く印象付けられてしまうので非常にいやな気持ちになります。「ナイトアイボーテ」を夜の間にまぶたにぬって二重のかたをつけ寝てる間に二重がだんだんついてくると思うので、根気強く続けていくことが必要になってきます。整形となるとお金がかかります。まぶたの幅の大きさも自分が気に入ったようになるかもわかりません。まずは自分の力で二重になるように努力をしましょう。