月別: 2016年6月

キャバ嬢を好きになる場合にはこんな点に注意しよう

キャバ嬢と付き合う方法

魅惑的な女性が多い夜の仕事ですが、中でも、キャバクラなどで働く女性には、若くて美人な人も多いことから、思わず本気になってしまう男性もいるようです。
しかし、こちらが本気でも、相手は全く意に介さない場合もあり、営業のため、メールやめLINEを交換したりするケースもやはりあるものです。
そのため、お金が尽きるまでキャバクラに通ったとしても、相手にしてもらえないこともありますので、そのことをちゃんと考えておかないといけません。
あくまでも紳士的に相手には接し、無理やり好意をぶつけるようなことは避けましょう。

[相手に自分の気持ちをわかって欲しいからと言って付きまとうのは男性としてもNG!]

キャバクラで勤務している女性には、いろんな事情がある場合もあります。
例を挙げれば、自分で働いて学校に通っている大学生や、子供を抱えて暮らしているシングルマザーなど、その事情は様々であり、大変な思いをしながら働いているケースもやはりあるものです。
このような女性に対して、自分が好意を持った場合には、相手を助けてあげたいと言う気持ちから、とにかくしつこく付きまとうような男性もいますが、それも相手にしてみれば、いい迷惑なこともあります。
そんな迷惑な客の中には、相手の自宅まで押しかけたり、プレゼントを家に贈りつけたりするような人もいますが、これらもかなり迷惑になる恐れもありますので、気をつけておかないといけません。

[下ネタなどを連発したり相手に肉体関係を迫るような男性はやはりよくないもの]

しかし、接客業をしている人の中には、客と結婚、もしくは付き合ったと言う女性もやはりいるものです。
そのため、少しの希望に掛けて、只管、相手にアプローチを掛ける男性もいますが、これも会話などに気をつけないと、相手に嫌われてしまう可能性もあります。
例えば、相手と男女の仲になりたいからと言って、肉体関係をしつこく迫ったりするのは、男性としてもNG行為でもあります。
他にも、下ネタを連発したり、相手の身体をべたべた触るのも、やはりよくありません。
相手から良い印象を持たれたいと思ったら、まずは楽しい会話をすることを心がけ、相手の話もじっくりと聞くのも良いかと思います。

他にも、相手が良いことばかり言うと、それを全部鵜呑みにしてしまう男性もいますが、あくまでもキャバ嬢は(仕事をしている)と言う立場でもあります。
その点を踏まえて、ちゃんと大人の遊びと割り切る態度も大事です。

自分でするネイル

ネイルサロンに憧れはあります。
手のマッサージもしてくれるそうですし、とてもオシャレなイメージもあります。
とても細かいデザインで、凝ったネイルをしてほしいという気持ちもあります。
しかし、あの臭いがどうしても苦手なもので、
無臭のマニキュアしか使っていないネイルサロンがあればなと思っています。

 その為、ジェリーネイル通販を購入して、ネイルは仕方なく自分でやっています。
あまり手先が器用な方ではないので、少し苦手でしたが、
いろいろ調べて、自分でも凝った感じに見えるネイルをしています。

 まず、一色をべたーっと塗る時は、真ん中に線のように塗り、
右側、左側の順に塗ると綺麗に塗れますし、プロもこの手順の方が多いそうです。
皮膚にはみ出てしまった時は、極細絵筆に除光液を付けて剥がしています。
ほんの少しだけはみ出た時には、つまようじで剥がすこともあります。
ラメが入ったネイルを使う時には、上からぽんぽんたたくように塗ると綺麗です。

 また、少し凝った感じのネイルにしたい時、
100円均一に「ミニネイルアートブラシ」という商品がありました。
細い線を引きたい時に重宝します。

 フレンチネイルをしたい時、専用のテープもありますが、
安く済ませたいので、文具売り場に置いてあるような「パンチ穴補強シート」を使っています。
シールを貼り、マニキュアを塗って、シールを剥がすだけなので簡単です。

 グラデーションネイルをしたい時には、境目が目立たないよう、
キッチン用のスポンジを爪と同じサイズに切って使っています。
スポンジにマニキュアを塗って、爪にぽんぽんすると綺麗なグラデーションができます。

これから手だけではなく、足の爪も出す機会が多い季節になりますので、
綺麗に仕上げたネイルで外出したいです。

私の子どもたち

私には年長の長女と2歳の長男がいます。
この長男がきかん坊で毎日手をやいています。

隙あらば叩いたりはもちろん、家の中でも外でもお構い無く走り回り、長女の幼稚園のバス停までの送迎だけでも一苦労です。

反対に長女は小さい頃から人見知りがすごかったせいか大人しく、とても育てやすかったです。
ただ、幼稚園に入ってから頑固な性格が出てきて、先生の手を煩わせるようなこともありますが、年長になってからは大分丸くなりました。

この2人は普段はちょくちょく喧嘩もしますが、長女が長男の我が儘をきいてあげている感じで仲良く遊んでいます。長女じゃなきゃだめだ!と言って抱っこやトイレなど連れていってくれていて、母としては微笑ましいし、なにより楽なので、娘には大丈夫?気を付けてね~!なんていいながら、ラッキーと思っています(笑)

二人が一緒に私に怒られているときは、私に気を使ってゴマをすってくるのですが、片方が怒られてると。もう一人が抱き締めたり、イイコイイコをしてあげています。
兄弟愛が芽生えているのか、最初は、かわい~と思って見ていたのですが、何回も見ていると、またやってるよ。なんて思うようになってきました(^^;

二人は私には素直に言うことを聞いても、旦那といると、怒ったり、我が儘を言って旦那を困らせています。普段の鬱憤を晴らしているんだろうけど、最近は度がすぎているような…。でも私にではないので、知らないふりをして、旦那に任せています(笑)

特技は頑張りましたという雰囲気を出すこと

たまに夕飯としてローストビーフをつくって出すことがあるんですが、決まって夫に褒められます。
すごいね。おいしいねと大変喜んでもらえているのでそんなことないよーと返しているんですが実は本当にそんなことないのでしてやったりと思っています。

しかし夫も長い間一緒にいるのに私のことをまだまだ理解していません。
ローストビーフを手間がかかって腕が必要なメニューだと勘違いしているんです。
私以外の人がつくるローストビーフはそうなのかもしれませんが、私は手間がかかる料理はしません。

ちょっと焼いてホイルに包んで煮ただけです。
たったこれだけでサラダに乗せると一気に豪華になるんだから素晴らしい料理ですね。

調理時間もかからないし本当は週に二日くらい夕飯として出してもいいんですが、今は夫が勘違いして俺のためにこんな手の込んだ料理をしてくれてありがとうとか考えているみたいなのでわざとあまり出さないようにしています。
今日はちょっと頑張っちゃったという雰囲気の中ジャーンと言って出すあたり、私も悪い人間だと思います。

あ、ちなみにどうしても作るのが苦手という方はローストビーフ通販のお店がおすすめです。

この他に買ってきたサンドイッチをつくりましたという雰囲気でお昼にどう?と渡したりします。
おいしいよという感動のラインが送られてきますがパン屋さんで買ったサンドイッチなのでそりゃあおいしいはずなんですよね。

でもまあこんなことはいつまでも続かないってわかっています。
いつか夫の仕事が休みの日に、あれつくってよと言われるんでしょうね。
もうその時は素直に告白して謝罪するしかないです。実は褒められたくて頑張りましたという雰囲気を醸し出してましたと正直に言うしかありません。

何のためにそんなことやったの?と呆れられそうですけどね。
とにかく夫に褒められたくて必死なんです。

私の日常

私は彼氏と東京に一緒に住んでいます。
私は秋田から出てきました。秋田と比べて東京は大都会です。

環境も生活もガラリと変わりました。
喫茶店でのバイトを11時半から18時までやっています。

だいぶ慣れました。
喫茶店でのバイトをして終わって家に帰り、洗濯したり後はシュフティをしています。
彼氏は運転代行の仕事をしています。その為朝方に帰ってきます。

その間私はシュフティという内職をします。
犬もいるのですが、ワンちゃんは寝てばかりでほとんど私一人みたいなものです。
東京での生活もだいぶ慣れましたが、夜出歩くのは彼氏と一緒以外出歩くことはしません。
飲食店がたくさんあるので悩みますが、あちこち行きます。

家賃が高いので生活は最初ギリギリでした。
今は彼氏が頑張ってくれているので少し余裕があります。私は喫茶店だけをやっています。

シュフティで地道に稼ぐことを頑張っています。
1日一回は救急車、消防車、パトカーが通ります。
すぐ近くが道路ということもありうるさかったりします。けど寝れます。

最初は気にして眠れなかったけど最近慣れて気にしなくなりました。
事件も多いのが東京なので親は心配しています。
事件、事故に巻き込まれないように気をつけています。
何があるか分からない世の中だからこそ気をつけなくてはいけないですからね。

季節も秋らしく感じるこの頃でだんだん冬になっていくんですね。
あっという間ですね。日々大切に過ごしていきたいと思います。

自然派ヘアケアで若返り

子どもを育てるようになってからというもの、
食べるものや身に着けるものが気になりはじめました。

若い頃は食べ物だってコンビニ弁当ばかりだったし
化粧品だって成分なんてちゃんと確かめて買った覚えなんてありません。
でも、子どもができてからはやっぱり自分も子どもも健康に暮らせるもの選びをしようと心がけています。

最近、歳のせいかなんなのか髪の毛のトラブルが多くなってきました。
フケが出やすくなったり髪が細くなってまとまりがなくなったりで
40歳近くなるとみんなそうなのかな・・・と少々落ち込む日々でしたが
同じ歳なのに髪の毛がしっかりまとまって潤っている友人がいて話を聞くと
自然派のシャンプーとコンディショナーを使ってるとのこと。

やはり髪の毛がキラキラしていることが若々しさにつながると思うし
友人はキラキラしてるしで商品の名前を教えてもらいました。

その商品はモーガンズといってノンシリコンで植物の力を使っている自然派です。
成分にはハチミツやオリーブ油やツバキ油、そしてローズマリーエキスやイランイラン油を使っていてなんだか成分を聞いただけでもうっとりできるような気がして購入してみました。

使ってみると髪の毛がさらさらでふんわりまとまりがあるし、
頭皮も乾燥がちだったのがいい感じで潤ってフケも少なくなって嬉しいです。
そして何よりいい香りで癒される。
アミノ酸成分やエモリエントオイルを豊富に使っているので
肌や頭皮が弱い子どもにも使える。
子どもたちも
「ママ!いいにおいだね!」とうっとりご満悦です。
バスタイムも楽しみになって心も癒されるからか
久々に会った人にも
「若返った?」と言ってもらえて
内心、やったー!!と思いました。

今度はハンド&ネイルクリームも試してみよう。
やっぱり自然派っていいなと感じるできごとでした。

おばあちゃんと散歩

今日は天気最高です。
久しぶりに、お散歩です。
我が家の愛犬ポチとおばあちゃんも一緒、久しぶりにおばあちゃんとゆっくり散歩。
近所の公園や並木道をぐるぐる回りました。

たわいもない話をしていたら、おばあちゃんが最近トイレが近いから中々外出するのが億劫になったと、悩みを打ち明けてくれました。
無意識にお漏らししてしまう感覚もあるみたいで、最近はパンパースを履くべきか悩んでいるというおばあちゃんがちょっと切なく思えてきました。

なんとかおばあちゃんの気持ちの持ちようをかえてあげられたらなと思い、東洋医学とかオーガニックに詳しい友達に早速電話しました。

頻尿ね?ならイソサミジンのサプリが最近出ているから試してみたら?

イソサミジン?なにそれ?初めて聞いたー。

ネットで調べてみたらイソサミジンっていうのは植物の成分らしいです。
とりあえず、ネットでイソサミジンのサプリを注文しておばあちゃんにプレゼントしよー。と決めました。

おばあちゃんに頻尿に効くサプリがあるみたいと話したら、おばあちゃんも興味深々です。
老眼のおばあちゃんのためにネットで調べたイソサミジンの説明を音読しました。

イソサミジンはボタンボウフウていう野草の植物成分なんだって、肌にもいいし、この野草は沖縄で食べられてもいるみたいだから、安心だね

おばあちゃんは、その成分見つけた人は本当にすごいねと感心してました。

おばあちゃんの頻尿のために調べたイソサミジンだったけど、
美容や血行促進などたくさん効果があって、私も興味を持ちました。
サプリってたまに本当に効くのか不安になるけど、
食べられている野草から作られたサプリなら試してもいいかなと思います。
家に届くのが楽しみです。

体験レッスン

昨日は、音楽教室の体験レッスンに行ってきました。楽器はピアノです。

子供のころからピアノに憧れがあったのですが、家庭の事情で習うことができませんでした。通勤途中に音楽教室の看板が見えていたので、通るたびにいつも気になってはいたのですが、実際に習いに行く勇気はなかなか出ませんでした。

大人になってからピアノを始めても、もう遅いのではないかという思いもありました。それに、仕事をしながらだと自由になる時間も限られるし、続けられるかどうかもわかりません。
でも、先日誕生日がきて一つ歳を取ったときに、今年もなにもしなかった自分にふと気づいて、これからは今までできなかったことを何かやってみようと思うようになったのです。

音楽教室に問い合わせてみると、すぐに入会ではなく体験レッスンでだけでも大丈夫とのことだったので、勇気を出して受けてみることにしました。

行ってみてどうだったかというと、すごく楽しかったの一言です。もちろん両手が自由に動くわけじゃないし、楽譜もすらすら読めるわけではありません。でも、1時間の体験レッスンの中で、たどたどしくても簡単な曲を1曲通して弾くことができたのです。

なんだかすごく達成感を感じました。体験レッスンをしてくださった先生も、大人のピアノは子供のようにすぐにどんどん上達していくわけではないけれど、根気よく続けることで少しずつ伸びていくので、まずは楽しむことが大事とおっしゃっていました。

まだ実際に習い始めるかどうかは決めていないのですが、なんだか無性にワクワクしている自分がいます。

手作りおもちゃ

最近はまっているのが、手作りおもちゃ作りです。

節約したいけど、子どもにおもちゃはあげたいと思って始めたおもちゃ作り、どちらかといえば、もう趣味のようになっています。

今回は乗り物が好きな息子のため、ミニカーが走れる町を作りたいと思いました。

はじめに、ネット検索します。最近は、ブログでもたくさんのママさんが手作りおもちゃを作って、作りかたを書いてくれているので、とても参考になります。
フェルトや画用紙、牛乳パックや、レジャーシートなどいろいろなもので作られていました。

今回は画用紙を採用しました。
画用紙の上にグレーのビニールテープを貼れば、それなりに道路に見えます。 その上に、白色のテープで、横断歩道や、中央線をかけば、ばっちりです。

そのあと、息子に町に何が欲しいか聞いたところ、カンカン(踏切)とのことだったので、踏切作りに挑戦しました。

厚紙と、綿棒と、割りピンと、折り紙で作成しました。本当は黄色と緑のビニールテープで作りたかったのですが、あいにく家にビニールテープがなかったので、折り紙で代用しました。

ちょっと苦戦しながらも完成したので遊んでみました。

ショベルカーやら、スポーツカーやら、バスやらたくさん並べて走らせるとなかなか楽しく遊べました。
ただ踏切作ってみたんですが、線路は作ってなかったです。今度は線路を作らなければと思っています。

ネットをみてると、皆さん、家もパーキングも、コンビニも、木も手作りされててすごく楽しそうです。また、少しずつ増やしていけたらなぁと思います。

二歳になる息子がもう少し大きくなったときに、自分も作ると言ってほしいです。